【雪遊びが2倍楽しくなる】雪遊びグッズ ランキング9選

悩めるママ

今年こそは、子供に雪遊びさせようと考えています。

雪国では、どんな風に遊んでいるのかな?

用意した方がいいアイテムはありますか?

雪遊びは楽しいよ〜

滑り台を作ってそりで滑ったり、雪玉作ったり。

寒さ対策をして、雪の中で遊ぼう!

しるこ

子供に一度は体験させてたい雪遊び。

私は北海道育ちですが、鼻水出るのも忘れて兄弟と夢中で雪遊びした記憶があります。

子供たちを魅了してやまない雪遊び。

せっかくだから、楽しめるグッズを用意してあげたいのが親心ですよね。

生粋の北海道育ち「道産子ママ」が、雪遊びをめいっぱい楽しめるアイテムを紹介します。

この記事は、こんな人にオススメです。

こんな人にオススメ
  • 転勤で初めて雪国で過ごす人
  • 帰省で雪国に行く予定のある人
  • 旅行などで、雪遊び体験を計画しているパパ・ママ
  • 普段は降らない地域だけど、どうやら明日降るらしいぞ!という方

【子供と雪遊び】そりランキング

雪遊びの基本は、やっぱり「そり!」。

キャーキャー言いながら、親子で雪山を滑り降りるのはとっても楽しい!

雪の中を風をきって滑り降りる体験を、ぜひ子供たちに味合わせてあげてください。

もう一回、あと一回とおねだりされること、間違いなしです。

第1位 【キャプテンスタッグ】スノーボート

出典:アマゾン

雪国では定番のタイプ。

これなら大人と一緒に乗れるので、まだ2〜3歳のお子さんでも楽しめます。

店頭ではあまり見かけない、パステルカラーもかわいい!

第2位 【billibo】 ビリボ

ビリボは、ヨーロッパで保育園や幼稚園などでは遊具としても採用されている玩具です。

滑るだけでなく、雪をつめる「型」にしてみたり、回ってみたり創造力が膨らむおもちゃです。

もちろん室内でも遊べるから、年中使えます♪

ビリボのレビューもありますので、チェックしてみてくださいね。

【bilibo】ビリボの効果は?子供の体幹と創造力を鍛えるおもちゃ

第3位 【キャプテンスタッグ】スカイボート

一人で滑れるようになったら、コントロールが効きやすいスカイボートがオススメ。

山の上から、ビューンと滑り降りる爽快感はたまらない!

大人も子供も楽しめるそりです。

【子供と雪遊び】あると嬉しい!便利グッズランキング

雪で何かを作るのも楽しいです。

特に小さいお子さんは、ソリより夢中になるでしょう。

スコップで雪をすくってみたり、丸めてみたり。

自分でかまくらやトンネルを作って、中に入って見るのもワクワクしますね!

第1位 【Tumao】 雪合戦 雪玉づくり 雪だま製造機 

Tumao

雪玉づくりって、実は結構難しいんです。

4歳の息子は、今年からようやく「雪だまらしきもの」を作れるようになりました。

が、なかなか大量に作れないことがストレスのようです笑

雪玉づくり製造機があれば、短い時間でたくさん作れます。

雪合戦にしたり、積み重ねてみたり、想像力が膨らみます。

第3位 【ボーネルンド】 スタッキングビーカー

スタッキングビーカー

雪は子供の想像力をかきたててくれます。

雪玉はお団子、それを重ねてお城を作ったり。

お砂場セットがあれば、そのバリエーションはさらに広がります。

特に、雪をつめる「型」になるものは子供たちに人気です。

スタッキングビーカーは、底部分も型になりますので、何通りもの遊び方ができますね。

第3位 【ボーネルンド】スーパータフスコップ(赤・黄・青)

スコップ
スコップ
出典:ボーネルンド

4歳以上になると、遊び方もダイナミックになってきます。

雪を「そり」にいっぱい詰めてみたり、「トンネル」や「かまくら」を作ったり。

そんな時はシャベルではなく、「柄が長いスコップ」がオススメです。

大人用だと大きさ・重さが合わないので、子供専用のスコップを用意してあげましょう。

また、このスコップは厳しい冬の寒さにも耐えることができる「強化プラスチック製」。

通常のプラスチックは寒さで劣化や脱色をしてしまいますが、この「スーパー・タフ」シリーズは、屋外に置いたままでも劣化しづらく、割れにくいのが特徴です。

【子供と雪遊び】 アクティブに楽む|スノーグッズランキング

何度が雪遊びをしたことがある、さらにアグレッシブな体験をと思っている方には、スピード感を味わえるアイテムがオススメです。

スキー場によっては、スキーやスノーボードと一緒にゲレンデを滑れる所もあります。

「パパやママと一緒に滑れる」「大人も一緒にできる」というのは、子供も楽しいですよね。

第1位 【STRIDER】スキーアタッチメント for SNOW STRIDER

出典:Amazon
出典:Amazon

スキー場で最近よく見かけるスノーストライダー。

小さな子でもスイスイ乗っています。

ストライダーに専用のアタッチメントをつけるだけで、「スノーバイク」として使えるんです。

しかも取り付けも簡単。

スキーを始めるにはちょっと早いかな?の段階でも乗れちゃいます。

「子供がスキーができる小学生くらいまでは、当分スキー場はおあずけかなぁ」と思っていたパパやママも、これさえあれば一緒にゲレンデを滑ることができますよ!

第2位 【キャプテンスタッグ】スノーチューブ ME1082 (別売フロート用 カバー)

出典:Amazon

別売のカバーをつけると、滑りやすさと耐久性がアップ!

そりよりスピードが出るスノーチューブもオススメです。

スピード感はもちろん、クルクル回ったりとそりにはない動きをするので、大人も楽しめます。

別売のカバーをつければ、滑りやすさと耐久性もアップするのでセット購入がオススメ。

第3位 【スティーガ】スノーレーサー

STIGA(スティーガ)というスウェーデンのメーカーで作られたソリです。

雪上のF1と言われているそうで、動画でもわかる通り結構なスピードが出ます。

スピードも出る分、滑り止めやブレーキなどの安全対策も施されたクオリティの高いソリです。

最近では、国内ではスキー場でレンタルしているところも増えています。

アグレッシブに楽しめるので、普通のソリには飽きた子供たちはもちろん、大人にもオススメです。

STIGA(スティーガ)スノーレーサーは1972年スウェーデン・トラノスで誕生。

今ではノルウェー、フィンランド、デンマーク、フランス、イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、カナダ、アメリカそして日本など世界19カ国で販売されています。 

驚きの操作感で乗って滑って大人も子供の大満足!!冬を楽しむファミリーや仲間にはなくてなならないスノーギアです。

SAI ONLINE STOREより

雪遊びグッズランキング まとめ

一度は、子供に雪遊びをさせてあげたいですよね。

我が子も、雪遊びが大好きで、気温が氷点下でも夢中になって遊んでいます。

ゼロから何かを作る、作ったもので遊ぶ、作ったものの中に入ってみる、滑ってみる…など子供の雪遊びを見ていると、雪には想像力を掻き立てる何かがあるんだろうなぁと感じます。

雪で遊べる機会があったなら、そりやスキーなどいろんなアイテムを用意して親子一緒に楽しんでほしいです。

子供も親も、服装には注意して楽しく遊びましょうね。

雪遊びをする時の服装については、こちらの記事にまとめてありますのでチェックしてみてください。

北海道の冬 子供と雪遊びをするならどんな服装がいい?