【変身ドリップケトル】キャンプ用ケトルで上手にコーヒーを淹れられる裏技ギア

まる

キャンプ用にやかんを買ったんだけど、口が広すぎてコーヒーがうまく入れられないんだよ

あるアイテムをつけることで解決するよ!

しるこ

キャンプの楽しみといえば、コーヒー!

朝のキャンプ場でゆっくりコーヒーを飲む…のが夢だったのですが、いざケトルを購入して挑戦したところ、お湯が…ジャバジャバ溢れる…!!

これじゃうまくコーヒーを淹れられないと困っていたところ、あるアイテムを導入することで解決しました。

こんな人にお勧めの記事
  • 持っているケトル(やかん)で美味しいコーヒーを淹れたい
  • 細口ケトルを持ってない
  • 美味しいコーヒーを飲みたいけど、荷物は増やしたくない

普通のケトル(やかん)では美味しいコーヒーは淹れられない?

本来コーヒーを美味しく淹れるためには、細口ケトルが必要!

でもこれが嵩張るんですよね。

ステーションワゴンでキャンプに行く我が家は、極力荷物を減らしたい派なので、ケトルは一つだけ、そしてスリムなものをという基準で選びました。

愛用のケトルはメスティンで有名な「トランギア」。

約1リットル入るのに、高さは8.5㎝というコンパクトさが気に入ってます。

がしかし、ケトル(やかん)は口が広い!

よってコーヒーを淹れる時、ドバドバっと一気にお湯が入ってしまい、うまくコーヒーの粉が膨らみません。

そして味も、なんか薄いような。

一度にたくさんのお湯が入ったので、うまく抽出できなかったんでしょうね。

もっと濃いぃ、美味しいコーヒーが飲みたいのに。

ちなみに、ドリッパーはスリムなミュニークのテトラドリップを使っています。

キャンプで使えるコーヒードリッパー MUNIEQ(ミュニーク)テトラドリップレビュー

変身ドリップケトルがあれば、普通のやかんでも細口になる!

  • 対応できるケトルが多い
  • 簡単にセット可能
  • お手入れが楽
  • 小さいから、荷物にならない

ケトルを買い直す?と悩んでいた時に、ネットで見つけたのが、コレ。

パール金属の「変身ドリップケトル」です。

実際にどのように使うのか見ていきましょう。

変身ドリップケトルは幅広い種類のケトル(やかん)に対応

口が真っ直ぐなら使える
形状はシンプルだから、ほとんどのケトルに対応可能

この変身ドリップケトルの良いところは、直径2〜3.5㎝位の注ぎ口に対応しているところ。

トランスギアの注ぎ口は、約2㎝なので対応可。

注ぎ口の対応範囲が広いので、ものによって多少個体差があるようなケトルでも大丈夫だし、今後ケトルを他のメーカーに買い替えた時も使えます。

おうちで使うような普通のケトルにも対応できるから、コーヒー用にわざわざ細口ケトルを買うのも…と躊躇している人にもおすすめです。

注意点は、先が曲がっているケトルには使えないこと。

変身ドリップケトルのまっすぐな形状だと、曲がった口には入りません。

注ぎ口が曲がっていると使えない

こういうタイプには合わないので、ご注意ください。

変身ドリップケトルは簡単にセットできる

装着は簡単!ただはめ込むだけで完了

取り付けは超簡単。

外側から注ぎ口にはめ込むだけです。

内側から見た図

単純構造なのでお手入れも簡単。

ステンレスなので、普通の食器洗い洗剤とスポンジでゴシゴシ洗えます。

変身ドリップケトルは力を加えれば変形する

単純で薄い構造ゆえ、注意が必要

厚みが約2ミリなので、ペラペラ感があります。

だからケトルの口が広い場合も、自力で曲げて合わせることができます。

半面、何かの下敷きになった、踏んでしまった場合は、おそらくグニャっと曲がってしまうでしょう。

マグの中に保管する、ケトルの中に保管するなど、保管にはちょっと気をつける必要がありそうです。

気になる変身ドリップケトルの評判

  • キャンパーに愛用者が多い
  • 対応できるケトルが多い

変身ドリップケトルの評判はどんな感じか調べてみました。

自宅用というより、やはりキャンプ用に愛用している人が多い印象です。

満足度は高いという評判ですね。

変身ドリップケトル まとめ

  • 単純構造
  • コンパクト
  • 対応できるケトルが多い

コーヒータイムを楽しむなら、細口で注げるケトルはマストです。

ただ、コーヒー専用のケトルを用意するのは予算的・荷物的に難しい場合は、変身ドリップケトルとセットにして使うことで解決できます。

ネットなら送料込みでも1000円以下で購入できるし、一般的な形のケトル(先が曲がってない)であれば大体のメーカーに対応できるから、予算もかけずにコーヒーを楽しめますね。

自然の空気を感じながら飲む、淹れたてのコーヒーは最高!

せっかくキャンプに行くのなら、手持ちのアイテムに変身ドリップケトルを一つ加えて、淹れたてのコーヒーを気軽に楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA