【砂川】こどもの国はお手頃料金で1日中楽しめる|公園訪問レポ

悩めるママ

砂川の子供の国が人気って聞いたんだけど、実際どんな感じかな?
子供の国は名前の通り子供が思いっきり楽しめる公園だよ!1日いっぱい満喫できるからお勧め♪

しるこ

以前から気になっていた砂川の子どもの国に行って来ました!

名前の通り、子どもが楽しめる施設がいっぱいの「子どもの国」。

価格も手頃な上、施設が充実しているので1日楽しめます。

またサービスエリアや近隣のお店まで足を運べば、大人も楽しめるスポットもいっぱい。

家族みんなが楽しめるので、週末のレジャーにお勧めです!

【砂川】こどもの国はどこにある?

砂川ハイウェイオアシス

子どもの国は、北海道砂川市にある大型の公園施設です。

お城のような外観の砂川サービスエリアと隣接しており、高速を利用すれば札幌から約1時間で到着します。

もちろん下道を使っても、子どもの国に入場・利用できます。

北海道 子どもの国

所在地:北海道砂川市北光401-1

TEL:(0125)53-3319

開園期間:1月4日~12月28日

駐車場は無料

駐車場は砂川サービスエリア側、公園側いずれも無料で利用できます。

高速利用の場合は砂川SA内に駐車して、ハイウェイオアシス館を通り抜け、子どもの国に入場する形になります。

【砂川こどもの国】どちらから楽しむ?有料エリアと無料エリア

こどもの国看板

子どもの国は、有料エリア「ふしぎの森」と無料エリア「ヤッホーの森」の大きく2つのエリアに分かれています。

有料エリアの「ふしぎの森」は、有料というだけあって遊具などの設備が充実しています。

対する無料エリアの「ヤッホーの森」も、遊具や自然を楽しんだりとゆったり遊べる雰囲気です。

【有料エリア】屋内施設もある!ふしぎの森

ふしぎの森

有料エリアの「ふしぎの森」は、ピラミッドが目印。

ピラミッド内の券売機で入場券を購入するシステムです。

料金は500円(高校生以上)かかりますが、子どもは無料

さらに併設のキャンプ場利用者は400円、冬季(10月1日〜11月8日)であれば300円で利用できるそうです。

係の方に確認したところ車に荷物を取りに行く、昼食などの理由であれば再入場もOKとのこと。

念のため半券は無くさないよう保管しましょう。

ふしぎの森入場券
ふしぎの森

【4月25日から9月30日】

開園時間:9:30〜17:00  

利用料:高校生以上:500円 

(*団体(有料者20名以上)400円 *キャンプ宿泊利用者400円 *ネイパル砂川宿泊者400円)


【10月1日から11月8日まで】

開園時間:10:00〜16:00

利用料:高校生以上300円

ピラミッド内では天候を気にせず遊べる

こどもの国ピラミッド
半屋外型になっているから雨が降っても遊べる

ピラミッドの中は半屋外型の施設になっており、大型の滑り台や吊り橋など、体を動かして遊べる遊具がたくさんあります。

こどもの国 ピラミッド

1階には小さな子供が遊べる滑り台、ハンモック、ブランコなどがあるので、赤ちゃん連れでも楽しめそうです。(ベンチ・オムツ交換台あり)

こどもの国 ピラミッド
吊り橋や大型滑り台もある(一番大きい滑り台は残念ながらコロナ対策で使用不可)

4階から降りられる巨大滑り台は、コロナ対策で残念ながら使用不可でしたが、別のローラー滑り台は稼働しているのでそれで降りることができます。

こどもの国 ピラミッド
砂川の町を一望

最上階の5階まで上がったら、砂川の町が見渡せます。無料の望遠鏡もあるので、町の様子を観察するのも面白い。

ピラミッドの中で一通り遊んだら、いざ屋外へ!

屋外も遊べるポイントがいっぱい

万里の長城
万里の長城の中がトロッコになっている

まず目に付くのが万里の長城の中にあるトロッコ。中に乗り込んで、自力でロープを引っ張ります。自分の力でぐんぐん動かせるのが楽しい。

トロッコ
左:ロープを引っ張れば進むトロッコ 右:ふしぎの森の地図 ここだけで結構な時間楽しめる

トロッコを抜けたら、巨大なアスレチックが広がります。

アスレチック
左:地下迷路のカタコンベ 右:ザウルスウェーブクライム

地下迷路や、吊り橋、ボルタリングなどができ、体を使って思い切り遊べます。設備自体は、比較的新しい印象。

アスレチック
左:ザウルスウェーブクライムの一部ではボルタリングができる 右:大型のフワフワドーム

アスレチックの奥には、フワフワドームがあります。一心不乱に飛びまくる子供達。

親はフワフワドームの周りで見守るのですが、日差しを遮るものがないのでめちゃくちゃ暑いです。夏場に行く場合は、帽子・日傘の持参をお勧めします。

朝一に入場して、ピラミッド・アスレチック・フワフワドームだけで午前中いっぱい遊べました。

ピサの斜塔
ピサの斜塔はコロナで入れず

フワフワドームの脇は広場になっており、ボール遊びをしたり、レジャーシートを広げたりできるようになっています。ここでお弁当を食べてもいいですね。(直射日光注意)

さらに広場の奥には「ピサの斜塔」があり、通常時は中の階段を登ることができるようです。今回はコロナ対策のため中には入れませんでしたが、次回はぜひ登ってみたい!

他にも迷路、パークゴルフなどもあるらしいのですが、今回はすべての遊具は遊べず断念。ふしぎの森は有料とはいえ、見所・あそび所が多すぎる。親子3人1000円でこれだけ遊べたら十分満足です。

森の迷路
出典:砂川観光協会 すながわトリップ

【無料エリア】ヤッホーの森

巨大滑り台

子供の国には、無料で楽しめるエリアもあります。

巨大滑り台の他、ユニバーサル対応の遊具があります。ジャングルジム、ローラー滑り台、シーソーなどもあって無料の公園としても十分楽しめます。

きのこ探し
触らないように気をつけてきのこ探し

遊具の脇にある林の探索も面白いです。季節柄いろんなきのこが生えていて、きのこ探し大会で盛り上がりました。どんぐり拾いもできるかも。

                    

池

入口付近には池があり、鯉の餌やり体験ができます。餌はレストハウス内で100円で販売されています。

水遊び

コロナで今年は使えないようでしたら、夏季期間は水遊びもできるらしいです。小型テント持参で水遊びに来るのも楽しそうですね。

ランチやおやつタイムは砂川ハイウェイオアシスで

ミングル
森の食卓ニングル 入口の券売機で食券を買うシステム

ランチは「森の食卓ミングル」でポークチャップ

砂川ハイウェイオアシスにある「森の食卓ミングル」は、綺麗で清潔!子供メニューや砂川名物も堪能できる♪

早朝に出発したためお弁当は作れず、お昼ご飯は現地調達することになりました。

砂川SAには、レストランがありますのでそこを利用。こどもの国と敷地が繋がっているので、徒歩のまま行けます。もちろん駐車場を移動する必要もありません。

サービスエリア内にはフードコートもありますが、コロナ対策のため座席が撤去されていてごく少ない人数しか使用できないようでした。対してレストランはスペースも広く、座席も多いので家族連れならこちらが使いやすいと思います。

お子様ランチ
500円のお子様ランチ

入口にあるメニューを見て、食券を買います。

子供にはお子様ランチを。大人は砂川名物のポークチャップ系をチョイスしました。

ポークチャップパスタ
ポークチャップパスタ 900円

ポークチャップは町おこしの一環として、砂川市内のあちこちの飲食店で提供されています。ここでは、パスタやカツにアレンジされているので、また違った味わいを楽しめます。

「ポークチャップ」とは豚肉をソテーした料理の一つで、ケチャップで味付けするのが特徴です。

DELISH KITCHEN
ポークチャップカツレツ定食
ポークチャップカツレツ定食 1300円

体を思い切り使って遊んだので、子どももよく食べる。ポークチャップも柔らかく、美味しく頂けました。

【砂川こどもの国】おやつは北菓楼のソフトクリーム

北菓楼ソフトクリーム
北菓楼のソフトクリーム パティシエのまかないソフト 400円
おやつは地元企業の北菓楼で、限定アイスを食べよう!

3時のおやつは、北菓楼のソフトクリームを頂きました。こちらもサービスエリア内にあります。

本当はベネズエラソフトクリームが食べたかったのですが、休売中で買えず...。砂川ハイウェイオアシス館限定の「パティシエのまかないソフト」を頂きました。

カップの下には、北菓楼の人気お菓子4種類(妖精の森、ゆめ咲く咲く、ゆめ咲く咲くいちご、ショコラポケット)から選べます。400円でソフトとお菓子を一度で楽しめる、コスパ高のソフトクリームです。

量も多めなので、大人でもお腹いっぱいになります。(子供とシェアでも十分でした)

こどもの国からちょっと足を伸ばそう 砂川のお勧めスポット

秋ドライブ

砂川には、子どもの国以外にも楽しめるスポットもたくさんあります。

せっかく砂川に来たら、帰り道にぜひ足を伸ばしてみては?

北菓楼 砂川本店

北菓楼砂川本店
出典:北菓楼

北海道のスイーツといえば、北菓楼。本店は砂川にあります。

喫茶フロアもありますし、もちろんソフトクリームも販売してます。

北菓楼

北菓楼砂川本店

所在地:北海道砂川市西1条北19丁目2番1号

営業時間:9:00〜18:30

駐車場:50台

TEL:(0125)53-1515

定休日:元旦

SHIRO 砂川本店

SHIRO 砂川本店
出典:SHIRO

化粧品で有名なSHIRO。国内はもちろん、ロンドンにまで出店している人気ブランドですが、実は砂川発のブランドだと知っていましたか?

元はローレルという名前で、化粧品の販売をしていましたがブランド名を変更して今に至るそう。

砂川本店にはカフェも併設しており、ショッピングだけではなく美味しいカフェメニューも楽しめます。テイクアウトもあるのが嬉しい。

SHIRO

所在地:北海道砂川市西1条南5丁目1-4

営業時間:10:00 - 20:00(L.O. 19:30)

TEL:0125-52-9646

定休日:第2・4木曜日

ソメスサドル 砂川ファクトリー

ソメスサドル砂川ファクトリー
出典:ソメスサドル

デザイン性の高さと、充実した機能性から道内外にファンが多い馬具メーカーの「ソメスサドル」も砂川発のブランドです。

私もお財布を愛用していますが、大変使いやすいです。(次もここのが欲しいくらい)

ファクトリーのためアイテム数が多いのはもちろん、時期によってはアウトレット品があったり、ワークショップが開かれたりもしています。敷地内にはお馬さんもいるので、子供と一緒でも楽しめますよ。

砂川にきたらぜひ立ち寄って頂きたいお店です。

ソメスサドル

ソメスサドル砂川ショールーム

所在地:北海道砂川市北光237-6

営業時間10:00 ~ 18:00

TEL:0125-53-5111

定休日:年中無休(年末年始を除く)

砂川 こどもの国は遊べるスポットがいっぱい お金をかけず1日楽しめる施設

遊ぶこども

子どもの国は、遊べるスポットがたくさんあるので1日楽しめます。

今回かかった経費は、4,100円(飲食含む)。お弁当持参ならもっとお手頃に利用できます。また冬場はさらに安く利用できるので、運動不足解消にはもってこい。砂川方面に用事があるときは、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

料金(単品)かかった費用
ふしぎの森 入場料500円1,000円
ランチなど飲食3,100円
合計4,100円
大人2名・幼児1名の利用料金
しるこ

しるこ的満足度

お手頃度 ★★★★☆

お楽しみ度 ★★★★☆

[box class="box18">
しるこ
しるこ

しるこ的満足度

お手頃度 ★★★★☆

お楽しみ度 ★★★★☆

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

【赤平】エルム高原 家族旅行村は子連れで楽しいと評判のキャンプ…

次の記事

ニトリのキッズエプロンがおしゃれ!キャンプでも活躍