ママ推奨!初めてのサコッシュはモンベルMONOショルダーで

モンベルMONOショルダー

ママ

モンベルのサコッシュがいいって聞いたけど、実際どうなの?

モンベルのサコッシュは、安いし丈夫!アウトドアから普段まで使い倒せるよ

しるこ

モンベルのサコッシュを1年以上愛用中のしるこ(siruko@382)です。

子供とのお出かけって、荷物が多くなりがちですよね。

子供が年中になった今でも、着替え・おやつ・飲み物などを持参するので、カバンはいつもパンパン。

おかげで買い物する時も財布がない!といつも鞄の中身をガサゴソする羽目に。

そんな時に出会ったのが、モンベルのサコッシュ。正式名称はU.L.MONOショルダーです。

U.L.MONOショルダーは思った以上にいろんなシーンで使えて、今や私の生活に欠かせない存在になりました。

特に荷物が多いママにもめちゃくちゃお勧めなので、普段どう使っているのかこの記事で紹介したいと思います!

こんな人にお勧めの記事
  • モンベルのサコッシュの使い心地が気になっている人
  • サコッシュに興味がある人
  • 手頃なサコッシュを探している人
  • 荷物が多くて困っているママ

荷物の多いママこそ「サコッシュ」は使える

トートと比較
  • 散歩
  • 近所の公園遊び
  • キャンプ
  • 登山
  • コンビニの買い物
  • 保育園のお迎え
  • お出かけ時のサブバッグ(リュックなどと2個持ち)

もはや日常生活に欠かせない存在、モンベルのサコッシュ「U.L.MONOショルダー」。

幼児の息子がいる私は、近所の散歩や公園遊び、キャンプや登山などのアウトドア、コンビニや保育園のお迎えなど近場への外出、遠方のお出かけにと、幅広い用途に使っています。

 

 

サコッシュ一つで散歩

休日には近所の公園に子供を連れて行ったり、散歩に出かけることが多いです。

短時間のお出かけなので、着替えなどは不要。

小銭入れ、家の鍵、衛生用品やスマホがあれば事足ります。

そんな時に役立つのがモンベルのサコッシュ。

軽いし汚れてもへっちゃらなので、ガンガン使ってます。

 

 

サコッシュで防犯対策 キャンプ

 

 

キャンプでは、テントの中に貴重品を置きっぱなしにするのはNG!

盗難の可能性もあるので基本的には持ち歩く必要があります。

でも常にリュックを背負うのは現実的じゃないし、ポケットには入りきらない場合も。

そんな時に役立つのがサコッシュです。

モンベルのサコッシュなら33gと超軽量。

これなら持ち運ぶストレスは軽減されます。

サコッシュが軽いから常に持ち歩いても苦にならないというのが感想です。

 

 

サコッシュで行動しやすさがアップ 登山

登山でサコッシュ
出典:WEAR
 

 

登山する人の中でもサコッシュを愛用している人は多いです。

基本荷物はザック(リュック)に入れますが、水分補給や地図を確認するたびに重たいザックを上げ下ろしするのは時間も体力もロス。

サコッシュによく使うものだけ入れておけば、そんな問題も解決です。

私は子供と登山するのですが、道中頻繁にお菓子を要求されるので食べやすいグミなどを入れています。

 

 

サコッシュだけでコンビニへ買い物

サコッシュで買い物
出典:WEAR
 

 

コンビニに買い物程度ならサコッシュで十分。

ポケットで足りるという方もいらっしゃると思いますが、長財布が入らない、かといって素手で持ち歩くのは抵抗があるので、サコッシュに入れてサッと買い物に出かけます。

レジ袋が有料になった今、多少荷物が入るサコッシュが便利です。

 

 

リュックと2個持ち

子供の荷物が多いと、リュックの中で目的の物が取り出せない!なんてことが良くあります。

そんな時は、よく使うものだけを厳選してサコッシュに入れておくと便利。

子供の荷物と自分の荷物を分けることもできるし、バックinバッグやポーのチ感覚でも使えます。

 

 

モンベルのサコッシュ MONOショルダーMにはどれだけ入る?

モンベルのサコッシュ MONO.ショルダー
  • 【重量】33g
  • 【サイズ】高さ19×幅27×奥行き4.5cm (B5サイズ対応)
  • 【容量】1.7L
  • 【収納サイズ】縦9×横8cm(B5サイズ)

私はモンベルのサコッシュの定番「MONO.ショルダーM」を愛用しています。

サイズ感は以下の通りです。

B5サイズなので特別大きい訳ではないですが、柔らかい素材なので収納力は見た目以上!

そして重量33gと劇的な軽さが魅力です。

 

 

荷物が多いママでも十分使える

サコッシュの中身
平凡な主婦のリアルな荷物。コロナ対策グッツは欠かせない。
財布、鍵、ハンカチ、テイッシュ、除菌ジェルなど最低限持ち歩くものを入れても余裕

自他ともに認める荷物が多い主婦ですが、厳選するとこんな感じになります。

家計を管理するために未だ長財布を愛用しているので、結構かさばります。

コロナ対策のため、ハンカチや除菌ジェルも欠かせません。

モンベルサコッシュの中身
左:スマホと長財布 右:ハンカチなど小物を入れてもまだ余裕あり

MONO.ショルダーMに実際にどれくらい入れるか見てみましょう。

財布とスマホだけなら、まだまだ余裕ですね。

さらに鍵、ハンカチ、除菌ジェルなどマストアイテムを全部入れても、まだ余裕があります。

追加で畳んだエコバック1〜2つくらいなら、入りそうです。

 

 

ペットボトルも入る

モンベルサコッシュの中身
ペットボトルも入る 全部入れて閉めるとさすがにパンパン

財布やスマホなどを入れたMONO.ショルダーに、ペットボトルを入れてみました。

ファスナーも問題なく閉まりますが、さすがに見た目がゴツゴツしてるのがわかりますね。

そして、ペットボトルを入れた分重量はそれなりに重たくなります。

肩紐が細いので、ペットボトルなど重量のあるものを入れると、若干肩に食い込む感じがあります。

 

 

モンベルサコッシュ MONO.ショルダーの特徴

モンベルのMONO.ショルダーは、収納力以外にもアウトドアブランドならではの細かな配慮があり、使いやすい仕様になっています。

 

 

軽くて柔らかい そしてコンパクトに畳める

モンベルのサコッシュ 握れるほど柔らかい
くしゃっと握れるほど柔らかい素材

モンベルのサコッシュは、薄く柔らかい「シリコナイズド・バリスティック」という素材を使用しているのが特徴。

両面にシリコーン・コーティングした30デニール・ナイロン・ダブルリップストップ生地は超軽量素材であると同時に引き裂き強度に大変優れます。

出典:モンベル公式サイト

出典:モンベル公式サイト

片手でくしゃっと握れてしまうほど薄手であるにも関わらず、簡単には破れないからペットボトルのように多少重さがあるものを入れても伸びたり、型崩れもしません。

この柔らかさゆえ簡単に畳むこともでき、小さく折り畳んで持ち歩けます

収納するポケットもあるので、バッグの中でぐちゃぐちゃになる心配もなし。

モンベルのサコッシュ サイズ感
こんなに小さく畳める。そして紐までついている。
 

 

モンベルMONO.ショルダーはジッパーが開けやすい

会計時や急いでいる時などに、ファスナーが開けづらいとイライラしますよね。

かれこれ1年ほどモンベルのサコッシュを愛用していますが、ファスナーが引っかかった記憶はありません

もはや記憶に残らないほどストレスフリーな使い心地です。

 

 

モンベルMONO.ショルダーは長さ調節できる 余った紐は収納できる

モンベルのサコッシュ ショルダー紐収納

紐の長さは調節できるようになっています。

ショルダー部分を短くすると紐の端が余るのですが、きちんとバック本体に収まるように工夫されています。

こういう細かい工夫、使いやすいさがアウトドアブランドの良いところだなと思います。

 

 

モンベル MONO.ショルダーは汚れてもOK!洗濯できる

洗濯もできる

公式サイトでは中性洗剤(エマール等)で洗うよう案内されています。

私はネットに入れて他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗っていますが、今のところ支障はありません。(あくまで個人の判断・自己責任で行っています。公式サイト・洗濯表示を確認の上対応してください。)

乾くのも早く、お手入れも簡単なので、例え子供に汚されても「洗えばいい」とストレスになりません。

 

 

モンベルのサコッシュ MONO.シリーズは色・サイズのバリエーションも豊富

モンベル サコッシュコーデ
出典:WEAR

モンベルのサコッシュ「MONOシリーズ」ですが、紹介した「ショルダーM」以外にもまだ種類があることをご存知ですか?

いずれも軽量、折り畳める、耐久性にも優れるという良さはそのままに、用途に合わせて使いやすいようにサイズや色も数種類用意されています。

 

 

 

 

モンベルMONO. シリーズ 実はサイズが豊富

モンベルサコッシュ サイズと収納力の比較

ここまでMONO.ショルダーMについてご紹介してきましたが、実はMONOシリーズには他のサイズ展開もあります。

ショルダーより小さいのが「MONO.ポーチ」シリーズ。

ショルダーMをひとまわり小さくした「ポーチS」と、縦に長くした「ポーチM」の2サイズ展開です。

また、「MOMO.ショルダー」シリーズには「ショルダーL 」というサイズもあります。こちらはA4が入るサイズですので、サコッシュとしては大きめといった印象です。

 

 

モンベル MONO.シリーズ カラーは5〜7色展開

出典:モンベル公式HP

MONO.シリーズは色展開も豊富です。ただし、サイズによって展開カラーが異なります。

ショルダーMは、ブラック、カーキ、リーフグリーン、オレンジ、ピーコック、バーミリオンという全6色の展開ですが、ショルダーLは5色展開です。

普段使いするならどのサイズでも扱いのあり、定番の「黒」や「カーキ」がお勧め。アウトドアメインなら、ビビッドなカラーでアクセント的に使ってもいいですね。

 

 

モンベルサコッシュ MONO.ショルダーの気になる価格は?

コスパ

 

 

 

 

しるこ

お試しのつもりが、使いやすくてもう1年以上愛用しているよ〜

当初は価格も安いということで、お試し気分でモンベルのMONO.ショルダーを購入しましたがあまりの使い勝手の良さに通年、そして気づけば1年以上愛用しています。

コスパが抜群すぎ!だから初心者にもお勧めできる

MONO.ショルダーMは、1,700円だからサコッシュ初心者でも手が出しやすい

MONOショルダーMは1,700円(税別)なので、サコッシュ初心者でも購入しやすい価格帯です。

他のアウトドアブランドなら3,000円前後はしますので、サコッシュが気になる、使ってみたいという方は、まずはモンベルのサコッシュで試してみるといいと思います。

他のサコッシュに乗り換えたり、使い倒して古くなっても、破損さえしていなければ非常用リュックに入れていざという時に備えることも可能。(避難所での貴重品管理に役立ちます)

1,700円でこれだけ使えれば、買って損はないと言えるでしょう。

他のブランドの価格が気になる方は、こちらの記事も要チェック。

 

 

モンベルMONO.シリーズ ショルダーM以外の価格は?

  • MONO.ポーチS  1,600円(税別)
  • MONO.ポーチM 1,700円(税別)
  • MONO.ショルダーM 1,700円(税別)
  • MONO.ショルダーL 1,900円(税別)

モンベルは日本のブランドで品質も折り紙付きなのに、比較的求めやすいアイテムが多いことで有名です。

特にMONO.シリーズは手頃な設定になっており、モンベルの中でも買うべき物の一つ。

高機能なのに1,000円台(税抜き)で購入できるなんて、買わない手はないですよね。

 

 

モンベルのサコッシュ MONO. ショルダーならママでも使いこなせる

サコッシュ子連れでお出かけ

モンベルのサコッシュは、価格が手頃で機能性や収納力も高いことから子供連れてお出かけすることが多いママにお勧めです。

子供が大きくなるとキャンプなどアウトドアや、学校行事など屋外で活動する機会も増えます。

サコッシュは子供が小さい時だけではなく、幼稚園、小学校に上がってからも活躍する機会は多いので買って損はないはず。

特にモンベルのサコッシュは手頃に購入できること、アウトドアブランドだからメルカリなどの取引も多く、価値のある品だと思います。

「ファースト・サコッシュ」には、ぜひモンベルMONO.ショルダーを!

また他のアウトドアブランドのサコッシュも検討してみたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

モンベルサコッシュ がママにお勧めな理由
  • 価格が手頃
  • 収納力がある
  • 軽量で扱いやすい
  • デザインがシンプルなので、どんな服装にも合わせやすい
  • アウトドアシーンでも活躍する
こちらの記事もおすすめ

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA