【子供でも滑れる】スキー初心者におすすめ!札幌市内スキー場

まる

子供にスキーを教えたいんだけど、どこのスキー場がいいかなぁ

札幌市内で子供向け(初心者向け)なスキー場を紹介するよ

しるこ

札幌市内の小学校では、冬になるとスキー学習という授業があります。

学年が上がるにつれ、校庭での練習からスキー場での授業へシフトするので、山を降りれる程度の技術(ボウゲン)とリフトの乗り降りができることが求められます。

だから幼稚園・保育園頃になると、スキーを始める子供が増えるのです。

スクールに通わせるのも良いですが、まずは親と一緒に滑ってみるところから始める家庭が多いかと思いますので、今回は「初めてスキーをする親子」におすすめなスキー場をまとめました。

ポイントは、なだらかで練習しやすく、何度も練習に行ける手頃なスキー場であること。

札幌に住む子供なら、長く付き合うことになるであろうスキー。

苦手意識がつかないうちに、子供にあったレベルのスキー場で経験を積ませて「スキーって楽しい!」を教えてあげましょう。

こんな人にお勧めの記事
  • 子供とスキーを始めようと思っている
  • 子供との練習に向いているスキー場を探している
  • 札幌市内のスキー場情報を比較したい
  • 利用料金が安いスキー場を探している

スキー場レポ、服装についてはこちらも参考にしてくださいね。

スキー初心者におすすめ!初めて滑る子供でも安心な札幌市内スキー場3選

札幌市内おすすめスキー場 Fu's(フッズ)スノーエリア
Fu's(フッズ)スノーエリア
  • 滝野スノーワールド
  • ばんけいスキー場
  • Fu’s(フッズ)スノーエリア

一度もスキーを滑ったことがない、ほぼ滑った経験がないというお子さんには、滝野・ばんけい・フッズのいずれかのスキー場からスタートするのがおすすめです。

どのスキー場も「子供が滑ること」を意識したコースや設備となっているので、子供連れでも利用しやすいからです。

また、この3つのスキー場は料金も安さも魅力。

お財布に優しいから、何度でもスキー場に連れて行ってあげられますよ。

滝野スノーワールド

札幌市内おすすめスキー場 滝野スノーワールド
所在地〒005-0862 札幌市南区滝野247番地
TEL  011-592-3333
営業期間12月 23日〜3月31日(冬季)
営業時間9:00〜16:00 ※リフトは15:45まで
料金目安(土日祝)大人+幼児1名の料金目安 2730円
 大人(4時間)1360円
 子供(4時間)950円
 駐車料金 420円

滝野スノーワールドはスキー場の他に、チューブ滑りや、スノーシュー、歩くスキーなどいろんな遊びができる「雪遊び体験施設」です。

スキーに興味を持ってくれなかったら、他の遊びに切り替えてもOKなので、親的には気楽な気持ちで挑戦させられます。

滝野スノーワールドのゲレンデは、コース1本のみのシンプルな作り。

長さは250m・平均斜度7度なので、全体的になだらかで、子供の練習にはちょうど良い規模感です。

実際に親子づれの利用がほとんどなので、リフト乗り場のおじさんたちも心得てる感じで、乗降時のサポートも非常にスムーズ。

子供に優しいスキー場なので、安心して利用できますよ。

ばんけいスキー場

札幌市内おすすめスキー場 ばんけいスキー場
所在地〒064-0945 札幌市中央区盤渓410
TEL  011-641-0071
営業期間12月上旬~3月下旬
営業時間9:00〜22:00 ※わくわくスノーランドは16時まで
料金目安(土日祝)大人+幼児1名(3歳以上)の料金目安 1400円〜
 わくわくスノーランド(親子ペア券)1400円
 リフト親子券A(4時間)5500円
 駐車料金 無料

スキーに興味があるか見極めるには、ばんけいスキー場もおすすめです。

理由は、遊びながらスキー体験ができるから。

ばんけいスキー場には、子供向けの「わくわくスノーランド」というエリアがあります。

このわくわくスノーランドでは、スノーストライダーやそり、プラスチック製スキーも借り放題なので、遊びながらさりげなーく「スキーやってみる?」と誘うことができます。

我が家はこれで興味を持ち、今ではスキー大好き。

一人でガンガン滑れるようになりました。

苦手意識を持たせたくない、さりげなく興味を持たせたいという方には、遊びからスキーへ繋がるのもアリですよ。

わくわくランドは、一般エリアと柵で仕切られているため、安心して遊べるのも嬉しいポイントです。

Fu’s(フッズ)スノーエリア

札幌市内おすすめスキー場 Fu's(フッズ)スノーエリア
所在地〒061-2271 札幌市南区藤野473-1
TEL  011-591-8111
営業期間~3月31日
営業時間9:00〜21:00 
料金目安(土日祝)大人+幼児1名(小学生以下)の料金目安 2200円
 大人(4時間)2200円
 幼児(小学生以下)無料

 小学生・中学生 1700円
 駐車料金 無料

フッズスノーエリアは、滝野よりリフトの台数も多く、コースも長いので少し滑り慣れてきた子におすすめです。

初級コースは2つあり、一つは頂上付近から滑るコースなので「短いコースはもう飽きた」というお子さんでも楽しめると思います。

またフッズスノーエリアは、なんと言っても安さが魅力!

未就学児はリフト代が無料ですし、大人料金も2200円、小学生以上が1700円なので親子2人でも4000円かかりません。

今シーズンは、たくさんスキー場で経験を積ませたい!と思うなら、割安なフッズスノーエリアへ何度も足を運ぶのがおすすめです。

スキー初心者におすすめ!少し滑れるようになったらより楽しめるスキー場3選

子供 スキー
  • 藻岩山スキー場
  • サッポロテイネスキー場
  • 札幌国際スキー場

自分でスキーを履いて、リフトに乗って滑れるレベルになったら、もっと長い距離を滑られるスキー場に足を運んでみましょう。

札幌市内には、市街地から近いのにロングコースやゴンドラがあるスキー場もあります。

その分料金も上がりますが、経験を積ませるには良いスキー場ばかりです。

札幌市内なら移動距離も少ないので、1日いっぱい楽しめますよ。

藻岩山スキー場

藻岩山スキー場
引用:藻岩山スキー場公式HP
所在地〒005-0040 札幌市南区藻岩下1991
TEL  011-581-0914
営業期間12月23日~3月21日(2021年度)
営業時間9:00〜21:00 ※3月14日〜21日は16時まで
料金目安(土日祝)大人+幼児1名の料金目安 5400円
 大人(中学生以上 3時間)2700円
 幼児(小学生以下 3時間)2700円
 駐車料金 無料

市街地から近く、気軽に足を運べる藻岩山スキー場。

初心者向けのゲレンデも充実しており、林の中を滑り降りるロングコースもあります。

ちなみに藻岩山スキー場は全コース、スノーボード滑走が禁止です。

周りの状況を見ながら滑ることに慣れてない子供は、スキーはもちろ、特にスノーボードの動きを予測できないようなので、この点は安心できるポイントですよね。

また「なかよし広場」という初心者向けエリアもあり、リフトに乗る前の練習はもちろん、そりすべりもできるので「お試しスキー」をここから始めるのもあり。

気になる料金も、比較的手頃な設定になっているので利用しやすいのも嬉しいですね。

サッポロテイネスキー場

所在地〒006-0029 札幌市手稲区手稲本町593
TEL  011-682-6000
営業期間ハイランド:2021/11/20~2022/4/3まで毎日営業予定
      2022/4/4~2022/5/5まで春期特別営業予定で土・日・祝日のみ営業
オリンピア:2021/12/4~2022/3/27
営業時間9:00〜21:00
料金目安(土日祝)大人+幼児1名の料金目安 7000円
 大人(中学生以上 4時間)4300円
 幼児(小学生以下 4時間)2700円
 駐車料金 無料
HPhttps://sapporo-teine.com/snow/

ハイランドゾーンとオリンピアゾーンの2つのエリアからなる、サッポロテイネスキー場。

札幌市街から近いのに(なんとJ R手稲駅から15分程度!)、ゴンドラもある本格的なスキー場です。

初心者は、オリンピアゾーンがおすすめ。

オリンピアゾーンは、初心者向けコースが充実していますし、リフトに乗ったことがないお子さんも利用できるように、スノーエスカレーターなど「子供でも簡単・安全に利用できるリフトのような設備」が用意されています。

またソリやスノーチューブを楽しめる恐竜キッズパークもあるので、スキーに飽きてもまだまだ遊べるのも嬉しいポイントです。

札幌国際スキー場

札幌国際スキー場
引用元:札幌国際スキー場公式サイト
所在地〒061-2301 札幌市南区定山渓937番地先
TEL  011-598-4511
営業期間11月19日〜5月上旬
営業時間通常期間:平日 9:00~17:00 / 土・日・祝 8:30~17:00
料金目安(土日祝)大人+幼児1名の料金目安 3900円
 大人(4時間券)3900円
 幼児(未就学児)無料

 小学生(一日券)1000円
 駐車料金 無料
HPhttps://www.sapporo-kokusai.jp

雪質の良さから人気のスキー場といえば、札幌国際スキー場ですよね。

札幌国際スキー場は上級者のイメージがありますが、子供向けエリアもちゃんとあります

スキーセンターの近くには、スノーエスカレーターを利用して練習できるエリアもありますし、ソリやチューブが楽しめるスノーエリアも併設されています。

また札幌国際スキー場は、親子利用でお得になるプランが用意されており、月二回(隔週)設定された親子DAYでは、一日券(親+子)が4,100円で利用できます。

通常料金は、大人+中学生で6900円、大人+小学生の場合は5600円なのでかなりお得ですよね。

条件としては、北海道に住んでいる人のみとのこと。

本格的なスキー場に連れて行ってあげたい!という方は、お得な親子DAYを利用してみてください。

親子でも楽しめる!スキー初心者におすすめな札幌市内スキー場まとめ

札幌市内おすすめスキー場 滝野
スノーランドスキー場
  • 子供のレベルに合わせてスキー場を選ぼう
  • 幼児さんはキッズエリアがあるスキー場がおすすめ
  • リフトに乗るなら、子供慣れしているスキー場がおすすめ

札幌市内のスキー場は、どこも子供でも滑れる初心者エリアが用意されています。

場所によっては、ソリやチューブで遊べるキッズエリアを併設しているスキー場もあるので、子供のスキーレベルや性格に合わせて選んであげるといいでしょう。

例えば、全くスキーに触れたことがない幼児と一緒なら、キッズエリアがあるスキー場がベスト。

飽きてもすぐ他の遊びに切り替えできるので、スキー=楽しかったと思ってくれる可能性大だからです。笑

特にばんけいスキー場は、区切られたエリアで、他の遊びと並行しつつプラスチックスキーのお試しができるので、おすすめですよ。

小学生など、すでにスキー板を持っていて(学校で使うなど)リフトに乗る練習から始めたいなら、滝野スノーワールドなど子供が多いスキー場を選ぶといいでしょう。

子供が多い=係員さんも慣れているので、リフトの乗り降りなどフォローが上手です。

札幌市近郊に住んでいるお子さんがいるなら、避けては通れないスキー。

できれば苦手意識を持たないようにしてあげたいのが親心です。

いきなりレベルの合わないスキー場を選ぶと、「怖い」「苦手」といった記憶だけが残ってしまう可能性もあるので、子供のレベルにあったスキー場を選ぶことは大事です。

スキーって楽しい!をぜひ教えてあげてくださいね。

またスキー場ごとに詳しいレビュー記事も書いてますので、参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA