【2022年最新】札幌市内スケート場まとめ

まる

子供がスケートをしたいって言うんだけど、どこでできるの?

札幌市内は全部で6箇所!料金やシステムについて説明するね

しるこ

札幌市内でスケートを楽しめる場所は、全部で6ヶ所。

「札幌市スポーツ協会」と「北海道体育文化協会」で運営しているため、比較的手頃な金額で利用できます。

注意点として、2022年は利用不可・時間変更になっている施設もあるので、行く前に各スケート場の営業情報の確認は必須です!

具体的には以下のことに注意してください。

  • 屋外リンクは営業していない
  • 一部スケート場で営業時間の変更がある
  • 大会の開催等で利用できない日がある

各スケート場のカレンダーはWEB上で毎月更新されてますので、事前にチェックしてからお出かけしましょう。

こんな人にお勧めの記事
  • 札幌市内でスケートをしてみたい
  • 札幌市内のスケートの利用料金を知りたい
  • 札幌市内 どこでスケートができるか知りたい

札幌の冬遊びはこちらも参考にしてくださいね。

2022年も利用可能!札幌市内スケート場4ヶ所

美香保総合体育館スケート場

2022年度に利用できるスケート場は、全部で4箇所です。

大会利用等で一般開放されていない日もありますので、事前に営業日をチェックしてから行きましょう。

また「今日はどこも営業してない!」ということがないように、一般開放日はスケート場間で調整されています。

札幌市豊平区 月寒体育館(屋内・通年)

月寒体育館は、通年で利用できるスケート場です。

地下鉄駅からも近いので利用しやすいのも嬉しいですね。

駐車場も100台と多めです。

所在地札幌市豊平区月寒東1条8丁目
営業期間通年
営業時間午前10時~午後5時30分まで
(※正午・午後2時・午後4時に20分程度は製氷作業のため一時的に利用できない時間があります)
休館日第3月曜 ※2022年1月は31日
利用料金一般580円 高校生280円 65歳以上140円 中学生以下無料
貸靴料金1時間250円 2時間300円(※30分超過ごとに100円)
貸靴種類フィギア、ホッケー、ハーフ
貸靴サイズ16cm~30cmまで(※ホッケー・ハーフは18cm~30cmまで)
駐車場冬季100台
アクセス地下鉄東豊線「月寒中央駅」3番出口徒歩1分
T E L011-851-1972
公式サイトhttps://www.sapporo-sport.jp/tsukisamu-gym

札幌市手稲区 星置スケート場(屋内・通年)

星置スケート場も通年で利用できるスケート場です。

ただし、一般利用は土日祝日及び中学校の春休み一部と冬休み期間のみとなっています。

また時間も午後からの営業のみ。

現在はコロナ対策のため、さらに時間短縮となってますのでお気をつけください。

所在地札幌市手稲区星置2条1丁目12-1
営業期間通年(※土・日・祝日及び中学校の春休み一部・冬休み期間のみ)
営業時間午後1時30分~午後5時30分まで
※コロナのため、現在は13:45〜17:15で短縮営業中
休館日第2月曜(祝日の場合は第1月曜) ※2022年1月は1日、2日、17日
利用料金一般580円 高校生280円 65歳以上140円 中学生以下無料
貸靴料金1時間250円 2時間300円(※30分超過ごとに100円)
貸靴種類フィギア、ホッケー、ハーフ
貸靴サイズ16cm~30cmまで(※ホッケー・ハーフは18cm~30cmまで)
駐車場30台
アクセス・JR「星置駅(北口)」徒歩15分
・JR「星置駅(西口)」からJRバス(手81、82、85)
 「星置スケート場」下車 徒歩1分
・JR「手稲駅(北口)」からJRバス(手81、82、85)
 「星置スケート場」下車 徒歩1分
T E L011-681-8877
公式サイトhttps://www.sapporo-sport.jp/hoshioki

札幌市東区 美香保体育館スケート場(屋内・冬季のみ)

美香保体育館スケート場は、冬季のみ営業しています。

午前から営業しているのも嬉しいですね。

美香保体育館スケート場を利用したレポート記事もありますので、気になる方はチェックしてみてください。

所在地札幌市東区北22条東5丁目
営業期間11月~4月上旬まで
営業時間午前10時~午後5時30分まで
※正午・午後2時・午後4時に20分程度は製氷作業のため一時的に利用できない時間があります
休館日第3月曜(祝日の場合は第4月曜) ※2022年1月は24日
利用料金一般580円 高校生280円 65歳以上140円 中学生以下無料
貸靴料金1時間250円 2時間300円(※30分超過ごとに100円)
貸靴種類フィギア、ホッケー、ハーフ
貸靴サイズ16cm~30cmまで(※ホッケー・ハーフは18cm~30cmまで)
駐車場85台
アクセス地下鉄南北線「北24条駅」3番出口徒歩15分
T E L011-741-1972
公式サイトhttps://www.sapporo-sport.jp/mikaho-gym/

美香保スケート場を訪れた時のレポートはこちら↓↓↓

札幌市南区 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(屋内・冬季のみ)

真駒内セキスイハイムアイスアリーナは、上記で紹介した月寒・星置・美香保と経営母体が違うため、料金システム等が異なります。

65歳以上は無料になりますが、一般は810円とちょっと割高

ただし平日夕方以降は、半額程度で利用できるので、条件が合えばちょっとお得です。

所在地札幌市南区真駒内公園1-1
営業期間12月末~4月上旬まで 
営業時間午前10時~午後5時まで
※正午・午後2時から20分程度は製氷作業のため一時的に利用できない時間があります
休館日火曜 ※2022年1月は11日、25日 最新カレンダーはこちらから
利用料金一般810円 高校生290円 
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は無料 観覧160円
【平日16時以降】一般400円、高校生140円
貸靴料金1時間400円 2時間500円(※30分超過ごとに100円)
貸靴種類フィギア、ホッケー、ハーフ
貸靴サイズ15cm~29cmまで(※ホッケー・ハーフは18cm~29cmまで)
駐車場あり(※冬季無料)
アクセス・地下鉄真駒内駅からじょうてつバス南90、95、96、97、98、環96
 「上町1丁目」下車徒歩5分
・地下鉄中の島駅からじょうてつバス南65、環56「真駒内本町」
 下車徒歩10分
・地下鉄西11丁目駅からじょうてつバス南4、南54「曙町」下車徒歩2分
T E L011-581-1972
公式サイトhttp://www.makomanai.com/icearena/

2022年度は利用できないスケート場

設備の都合等で、2022年度は利用できないスケート場があります。

札幌市南区 真駒内セキスイハイムスタジアム(屋外・冬季のみ)

設備不良のため、2022年度は利用できません。

屋内の真駒内アイスアリーナスケート場は、通常通り営業していますのでそちらを利用しましょう。

所在地札幌市南区真駒内公園3-1
営業期間2022年度は休止
営業時間2022年度は休止
利用料金一般810円 高校生290円 
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は無料 観覧160円
【平日16時以降】一般400円、高校生140円
貸靴料金1時間400円 2時間500円(※30分超過ごとに100円)
貸靴種類フィギア、ホッケー、ハーフ
貸靴サイズ15cm~29cmまで(※ホッケー・ハーフは18cm~29cmまで)
駐車場あり(※冬季無料)
アクセス・地下鉄真駒内駅からじょうてつバス南90、95、96、97、98、環96 
「真駒内競技場前」下車徒歩2分
・地下鉄中の島駅からじょうてつバス南65、環56
「真駒内本町」下車徒歩10分以上
・地下鉄西11丁目駅からじょうてつバス南4、南54「上町1丁目」下車徒歩2分
T E L011-581-1961
公式サイトhttp://www.makomanai.com/openstadium/

札幌市中央区 円山総合運動場(屋外・冬季のみ)

札幌市内のスケート場で一番料金が安いのが、円山総合運動場で冬季のみ利用できる屋外スケート場。

残念ながら今季は改修工事に伴う芝生養成のため、利用できません。

所在地札幌市中央区宮ヶ丘3番地
営業期間2022年度は休止 (本来は1月5日〜2月11日)
営業時間2022年度は休止 (本来は10時〜19時)
利用料金一般130円 高校生80円 中学生以下・65歳以上は無料
貸靴料金1時間250円 2時間300円(※30分超過ごとに100円)
貸靴種類フィギア、ホッケー、ハーフ
貸靴サイズ16cm~30cmまで(※ホッケー・ハーフは18cm~30cmまで)
駐車場50台
アクセス・地下鉄東西線「円山公園駅」 3番出口徒歩15分
・JRバス「総合グラウンド前」下車
T E L011-641-3015
公式サイトhttps://www.sapporo-sport.jp/maruyama

 【2022年最新】札幌市内スケート場まとめ

  • 真駒内アイスアリーナは若干割高
  • 真駒内以外は、どのスケート場も一律料金(円山を除く)
  • 改修等で2022年度は営業していないスケート場があるので注意

札幌市内で利用できるスケート場情報をまとめました。

2022年度は改修等の理由で、一部利用できないスケート場があるため、実際に利用できるのは4施設のみとなります。

また大会等のため、利用できない日がありますので事前に確認してから行きましょう。

詳細は、各施設のHPや札幌市スポーツ協会で発行している各月のカレンダーから確認できますので、チェックしてみてください。

月寒、美香保、星置の4施設は、休館日等が重ならないよう調整されているよ。

しるこ

まる

札幌市内のどこかではスケートができるようになってるんだね

また真駒内セキスイハイムアイスアリーナは、経営母体が違うため、料金体系も異なり、若干割高です。

少しでも安く利用したいのなら、月寒・美香保・星置を利用しましょう。(利用料金・貸靴料金も一律同じ)

美香保スケート場のレポート記事もありますので、気になる方はチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA